メインイメージ

電車の利用や買い物に使えるICカード

電車を利用するためには、乗車券などの切符を購入しなければなりません。
昔は、切符の主流は紙製のものでした。
しかし、現在は、大都市圏の鉄道を中心に、ICカードを利用する人が増えています。
ICカードはプリペイド方式の電子マネーです。
自動改札機の読み取り部に近づけることによって改札され、出場の時に運賃がカードの残額から差し引かれます。
残額が少なくなった時は、券売機や専用のチャージ機を使って入金(チャージ)します。
クレジットカード機能が付いているICカードの場合は、クレジット決済により、自動的にチャージされます。
ICカードは、それぞれの鉄道会社が違うものを発行していますが、現在では、多くのカードが相互利用可能になっていて、鉄道会社の違いを気にすることなく利用することが出来ます。
また、ICカードは電車に乗る時だけではなく、買い物をする時の支払いにも使えます。
駅の売店はもちろんのこと、コンビニや飲食店などでも利用出来る店舗が段々と増えています。

注目サイト

Copyright © 電車の魅力とは? All Rights Reserved.